人気DJアヴィーチー◢ ◤、28歳で死去。死因は自殺か?病死か。

DJやプロデューサーとして活躍した、アーティストのアヴィーチー(Avicii)が亡くなった。本名はティム・バーグリングで、スウェーデン出身で、28歳だった。

現地時間4月20日の午後に、オマーンのマスカットで亡くなっているのが代理人により見つかった。

「大変悲しいお知らせがあります。アヴィーチーの名で活動していた、ティム・バーグリングが死去しました」

「家族は悲しみにくれています。つらい時間を過ごしている彼らのプライバシーを、どうか尊重して下さい」とステートメントに書かれている。

アヴィーチーは数々のヒット曲を手掛けてきた。2013年に発表した”Wake Me Up”は、ビルボード最高4位。フォーブスの「世界で最も稼ぐDJ」にも定期的にランキング入りしている。2011年と2012年には、グラミー賞最優秀ダンス・レコーティングにノミネートされた。

音楽だけではなくチャリティー活動にも積極的に携わり、2011年には世界的規模の飢餓と闘うための非営利団体「House for Hunger」を立ち上げた

健康上の理由から、2016年にはライブ活動から引退を発表。ハリウッド・リポーターによれば、急性すい炎などのいくつかの健康問題を抱えていた。原因の一つに過度の飲酒もあったと伝えられる。

若い才能の死に、世界的有名なDJから悲しみの声が寄せられている。

カルヴィン・ハリス

Aviciiの訃報は壊滅的衝撃だ。美しい魂、情熱、そしてこれまでに無い究極な才能を持ったAvicii。私の思いは彼の家族と共にあります。ティム、あなたに神のご加護がありますように。

Zedd

Avicii訃報を聞いた今の悲しみは、言葉で表現できない。ご家族と友人にお悔やみ申し上げます。

 

 

ここでAviciiがどれくらいの人気があったのか、推定年収ランキングで見てみよう。

2016年 世界で最も稼いだDJランキングが発表されました。フォーブス(Forbes)が毎年発表している、DJの長者番付「Electronic Cash Kings 2016」。4年連続の1位に輝いたのは、スコットランド出身のあのDJ。昨年から躍進を遂げたのは、ゼッド(4位)とディプロ(6位)。10位にはディミトリー・ヴェガス&ライク・マイクが初登場.

2016年度版・DJ年収ランキング|Electronic Cash Kings

1. Calvin Harris: 6300万ドル(約63億円)
2. Tiesto: 3800万ドル(約38億円)
3. David Guetta: 2800万ドル(約28億円)
4. ZEDD: 2450万ドル(約24億5千万円)
5. Steve Aoki: 2350万ドル(約23億5千万円)
6. Diplo: 2300万ドル(約23億円)
7. Skrillex: 2000万ドル(約20億円)
8. Kaskade: 1900万ドル(約19億円)
9. Martin Garrix: 1600万ドル(約16億円)
10. Dimitri Vegas & Like Mike: 1550万ドル(約15億5千万円)
11. Afrojack: 1500万ドル(約15億円)
12. Avicii: 1450万ドル(約14億5千万円)

集計期間は2015年6月~2016年6月。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です