【悲報】渋谷駅の構内図,案内させる気ねーだろwwゲームのダンジョン?東京メトロ渋谷駅の構内図が複雑すぎる件について

  JR東日本が発表した2016年度の同社エリア内の駅別1日平均乗車人数ランキングでは、渋谷駅が6位に順位を落とした。 2016度度の1日平均乗車人数は37万1336人(定期=19万4258人、定期外=17万7077人)で、1日で物凄い数の人が行き交う駅である。

 東京メトロ副都心線・東急東横線のホームが地下5階、東急田園都市線・東京メトロ半蔵門線のホームが地下3階、JR山手線・湘南新宿ライン・埼京線のホームが地上2階、東京メトロ銀座線のホームが地上3階にある。さらに京王井の頭線のホームは少し離れたマークシティの2階に位置しており、地下5階から地上3階の計8階のレイヤーにもなるG級ダンジョンになっている。

 日々の通勤で利用していても、16個全ての出口を網羅している人はほぼ居ないであろう。

 今回は、東京メトロ渋谷駅構内の複雑さについて言及したツイートが、ネット上で話題になっている。ある『Twitter』ユーザーは東京メトロの構内図を見て、次のようにツイート。

 Twitter上では構内図がゲームのマップのように見えた人も多く、「マーブル・マッドネス」、「トルネコの大冒険」といった声が上がったほか、エッシャーの”だまし絵”に例える声もあった。

  そのほか、新宿駅の複雑さと比較して「東京駅は渋谷駅と比べてフラットですね」などの意見も寄せられた。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です