ヤフーが急落、年初来安値 減益見通し嫌気

 5月1日の東京株式市場で、ヤフー(東証1部)の株価が急落。終値で前営業日比65円安(-14.44%)の385円を付け、年初来安値を更新した。

ヤフーの株価(Yahoo!ファイナンスより)

 ヤフーは前営業日の4月27日、2017年度通期(18年3月期)の連結決算を発表し、18年度業績見込みについて言及。売上収益は17年度を上回るとするも、営業利益については引き続き積極投資を実施していくため1300~1400億円(17年度営業利益は1858億円)と減益を予想した。これを受けて売りが優勢となったとみられる。

 18年度以降は「eコマース(物販)」、「インターネット広告」、「モバイルペイメント」の3つの領域で業界ナンバーワンになることを目指すため、引き続き大胆な積極投資を行っていくという。

 ヤフーは17年度に販売促進活動費として560億円に上る費用を投下したことやデータドリブン化に向け追加投資を実施したことで、営業利益が前年度比3.2%減となる1858億円にとどまっていた。

3つの領域とは?

 

 ヤフーは今後中長的な視点で以下の3つの分野に大胆に経営資源を投下し、それぞれでNo1を目指すとした。

・eコマース(物販)取扱高No1
・インターネット広告売上収益No1
・モバイルペイメント取扱高No1

 eコマース事業、インターネット広告は従来のサービスの質をより高いものにしていくとのことだった。

 そしてモバイルペイメント事業はほぼ新サービスと行っても過言ではない事業だ。もともとオンライン決済における強固な利用者基盤はあったがここにオフライン決済へ進出していくことを発表した。

 今月から始まっている「税金・公共料金のバーコード決済」に続き、6月には「Yahoo!JAPAN」アプリ上に表示したバーコードを・店舗の端末やレジに提示する「みせる」決済を導入予定で、秋には店側の表示するバーコードを「よみとる」決済も導入予定とのこと。

 オンラインとオフラインの融合で取扱高No1を目指すとし、2018年はもっぱら導入店舗拡大に時間を割かれることになりそうだ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です